卒業するまでの6年間とは?!

ご無沙汰しています。すっかり秋めいてきましたね。

国立前期試験の付き添いで現地に乗り込んでいた私は、保護者説明会に参加しました。
歳を重ねて図々しくなった私でも...さすがに待っている間に美味しい物を食べたり、観光する気持ちにもなれないので時間潰しにも最高のイベントでした!医療系がどちらの家系にもいなかったので、いい機会でもありました。
我が家の場合、2浪はなかったのでここで合格しなければ聞いた話は無駄になりますが、医学部に特化した話を聞くのも第三者的にも興味はありました。お気楽に聞きに行った感じです。

大きな講堂の席も保護者であろう方々で結構、埋まっていました。
在校生が数人、説明してくれました。
大学によって少しずつ違うかもしれませんが...参考になると思います。
        

1年生→基盤教育(教養課程)は色々な学部の生徒が通うキャンパスで講義を受けます。週に1~2回、大学病院と同じ敷地内のキャンパスで専門教育の講義を受けます。
2年生→基盤教育は終わり、全ての講義は大学病院のキャンパスです。毎日、1~4コマの講義を受けます。薬理学、生理学などの基礎を中心に行われます。解剖実習もあります。
3年生→臓器別に臨床に則した講義が行われます。1年間、ひたすら講義のみです。
4年生→臨床科ごとの講義が行われます。その後CBT、オスキーと病棟実習を始めるためのテストがあります。(説明すると長くなるので今度にします)テストに合格しないと臨床実習が出来ません💦
5年生→病院で臨床実習です。
6年生→前期は臨床実習、後期は医師の資格を取るための(国家試験)勉強です。 

6年間...長いですよね...留年も0%ではありません(苦笑)
 



応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト

免許取得と車購入

またまた、ご無沙汰してしまいました💦
台風がノロノロで変な天気が続きますね。

あと数日で息子が帰省します。
又、ブログ更新が出来なくなるのでイラスト抜きですが書きます!

免許取得はどんな職業に就く場合でも、男子は特に必要ですよね。 
大学生のうちに免許取得しておかないと、取れなくなります。
特に医学部は基盤教育の1年生のうちがベストです!!2年生以降は難しいと思います。
 夏休みに合宿で取るのが安いし、時短で良いと思っていたのですが
「仲の良い同級生は通いで取るから、オレも通いで頼む!」と言われ約25万円掛かりました。 

免許の次は車です...
息子が受験中に保護者説明会(合格してもいないのに)があり、車を持っている学生はかなりいるというデーターにビックリしました!その時は聞き流していましたが、息子も車の諸費用は全部 後から払うから購入したいと言い出しました。
部活の遠征にも使うらしいのです。

息子は忙しいし無知だし、車はこちらで探す事になりました。
中古で諸費用込みで100万円で探しましたが、117万円と少し予算オーバーでしたが息子も気に入って決めました。
車庫証明も取り、無事購入しましたが次は保険です。
20歳まではメッチャ高いです!!1年間で約13万円でした。
運転者も本人限定で...ただ、載せる友達も若くて優秀な方が多いでしょうから同乗者の保険の部分は手厚い物にしました。もちろん何かあっては困りますが...
21歳になるといきなり保険料が下がります 約5万円になりました~
それからは大幅には下がりません。確か26歳辺りで又保険料が下がると聞いたような??
 
後は毎年の自動車税が約4万円掛かります。

うわ~っ!忘れていました2年に1回の車検もありました...約5万円...
書き出していくと恐ろしくなりますね💦 
車関連はこんなところでしょうか?

 お金はいくらあっても足りませんね。



応援よろしくお願いします!
 

参考までに・・・

昨日、私立の医学部に6年間行くと入学金と授業料で4000万円掛かると書きましたが、
もっと安い大学もあります。
慶應や順天などの偏差値が高い大学は、安めで2000万円程でしょうか...それでも高い(苦笑)
変動はあると思うので、気になる方は各大学のホームページで確認して下さいね。

他に私立で、お金を掛けないで行ける産業医科大学があります。
学費は3000万円程ですが、学費から国立大学の入学金、授業料の額を除いた額は貸与され、
卒業後9~11年間指定された機関で勤務すればその返還が免除されます。

それ以外に、特殊な大学として→防衛医科大では、在学中に学費は掛かりません。
タダ!!0円!!それだけでなく、在学中は毎月の給料とボーナス(年2回)がもらえます!
ただし、その特権を受けるには卒業後、9年間自衛隊内で勤務する事です。
お金を掛けたくなければ、シバリがあるのですね・・・


シバリがなく、安い学費で通えるのはやはり国立ですね
学費はありがたいことに、文系も理系も一律です!学費は6年間で約360万円です。
4年制より2年分、授業料がプラスになります。
しかし安い学費の国立大もシバリを活用すれば→更に安く出来ます。
各大学によって違いがあるかもしれませんが、息子の通っている地方の大学には数種類の
サポートプログラムが用意されています。
地方の大学では医師不足の問題から色々な策が取られていて、学費全額だけではなく
年間200万円などの医師就学資金の貸与もあります。
地元の公立病院に数年(貸与された年数によって変わる)勤務したり、
特定診療科従事などの条件がありますが...

ちなみに息子は、何のシバリもありません。
進路を自由に決められるように。

プロフィール

元気なおばちゃん

Author:元気なおばちゃん
✩☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
やった~っ!
子育てもほぼほぼ終わり!!さて、何をしよう?
そうだ!ブログを書こう。

最新記事

ランキング

2つのランキングに参加中です!


ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター